トップページ »  » あたしなりの母のカタチ

あたしなりの母のカタチ

土曜日やけど朝から小学校の授業参観。

昨夜...ほんま忙しくて、
疲れで朝起きんのつらかったわ...
やから、1時間目の社会は無理やったけど
2時間目の音楽の授業にはどうにかまにあった。

”赤とんぼ”の歌詞、奥深いんやなぁ。。。
赤とんぼゆうたら
2題めの「くわの〜実〜を〜」のとこで旧姓とかさなっとるから
どうしてもここで意識してしまう、ゆう思い出あるていどやったけど
1〜4題めのくわしい意味なんか考えたことなかったなぁ。
ねぇやは作者のほんまもんの姉さんじゃないと。
そこに昔の日本の歴史的背景があることなんか
考えてもみんかった。
先生ありがとう。親のほうまで勉強させてもらいました。

そのあと
平日ろくに参加できん懇談会。
さすがに土曜日は出席せんと申し訳ないわなぁと思って
今日は出席した。
ただ先生の話聞かせてもらっとっただけやけど
顔だすゆうことに意義があるやろ、と自分なぐさめつつ帰ってきた。
どうも普段から世間一般の母親みたいな時間帯で活動できん自分が
母としてだめだめやゆう意識がどっかにあるんやろな。

気づけば毎金曜夜、あたしが仕事から帰ってきたら、夫
「ビール買っといたよ」とか「つまみ買っといたよ」ゆうて
喜ばしてくれるもんやからそのたび
「おう、ありがとう!」ゆうてなにげに答えとるけど
前にそれ見た長男に
「なんかうち、お父さんとお母さん、反対や〜」ゆうて息子に笑われたな。
昨夜はたいして多くもない中身の給料袋渡したあたしに
「ご苦労様です」ゆうて
「ビールちゃんと買ってあるよ」につづいて
「おふろわいてるよ」と。
いつもどおり
「ありがとう。んなら、お風呂はいってからビール飲むわ〜」言いながら
あたし
ほんまにうち、父と母、逆転夫婦やな、思たわ...。

Dsc09066
まぁこんなんでも
休日がおんなじゆうのが幸いしとる。
平日ちぐはぐな活動時間の家族でも
こうして週末一緒に近所の喫茶店に仲良くコーヒー飲みに行けっし
ほんまありがたいことやわ。

by yukari  at 18:54
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31