トップページ »  » 手続き開始

手続き開始

発表翌日の昨日さっそく、長男が入学予定の大学から大きな封筒が届いた。

合格通知の紙、
本人がサインしてハンコ押さなきゃの(ちゃんと真面目に大学生します、の)宣誓書、
保護者がサインして実印押さなきゃの紙、
入学金の振込用紙などもろもろが入ってて、
さらに英語のプレイスメントテスト用紙(45分計ってちゃんとテストとしてやって、期日まで返送すること)、
期日まで仕上げて返送の読書感想文のための課題本1冊、
今後の予定表、
年間授業料や今後予定されてる費用の概算、
年明け2月に大学現地でおこなわれる、入学前の1泊2日英語強化合宿&当日おこなわれるトーフルの案内と申し込み用紙などなどが
入ってた。
英語どっぷりモードに突入の助走はこうしてもう始まったわけだ。


入学金を振込した証拠の紙と印鑑証明の紙も添えて返送してくださいとのことで
今日はまさにこのときのために長年かけて息子の口座に貯金した、まとまった額をおろし、指定銀行に振り込んできた。
公立でも入学金というのはけっこうまとまった額だ。これが私立だったら...大変なことだなぁとほんと実感した。
あたしは私立に行かせてもらったから、親には経済的にそうとう苦労かけたんだと思う。
今さらながらほんとにありがとう、だ。
それから区役所に行って印鑑証明も発行してもらった。
これとこれとこれを来週送って...こっちは12月に別便で送ればよくて...これに関しての費用はまだ書かれてないから
まだ大丈夫で...
書類を慎重にチェックしながらの作業。(主に夫が)
それを午前中に解決させつつ、そうだ、現地で息子がメインバンクとして使う銀行口座も必要なんだな、と、
それ用の認め印も1本買って、振込ついでに息子の口座も作ってしまおうと思ったが、
『本人を証明できるものをお持ちですか?』と。しまった。息子の保険証持って来なきゃだった...。

というわけで
今日は息子の現地用銀行口座は作れず。
なのでそれは次回に、どうせだから息子本人にも立ち会わせて、
口座をどうやって作るのか、何が必要なのか、も、見させて作ることにしようということに。
少しずつ、こういう社会勉強もさせていかないと。

午後。この数ヶ月、願掛けでずーっと切らずにいたあたしの髪を切りに、久しぶりに美容院へ。かなり切った。
すっきりしすぎてなんかちょっとこっぱずかしい夕方。

by yukari  at 15:59
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31