トップページ »  » 卒業準備

卒業準備

息子の高校は私服だから
卒業式も好き勝手な格好でいい。
毎年、その子なり、そのクラスなりに決めて仮装大会ばりの式になるらしい。
過去には、クラスの男子全員でなぜかウマの着ぐるみ姿だったとか、
オバマのマスク姿だったとか、いきなり金髪姿とか、
その年としでユニークなクラスがあるらしいが、
そうは言っても全クラスがはちゃめちゃなわけでもなく、
男子は袴姿でばしっとキメてる子も多く、
女子は振り袖だったりドレスだったり、めいっぱいおしゃれしてくるようだ。

今回、イベント好きな息子のクラスは何するつもり...と思ってたら
意外にも、『各自それぞれ好きな格好で』に決めたらしく、
袴姿が多いのかな、という雰囲気なんだそうだ。へ〜、それは意外。

で、息子はどうしたいわけ?
案の定、『去年の式見ても、袴の人多かったから、僕も袴かな』と言った。

「あのねー、みんながそうだったから無難に僕も、とか言うの、やめようよ。
袴ってさー、似合う年齢とか体格があるわけよ。27歳の時、うちのお父さん(夫)が結婚式で袴着たけどさー、
(体細かったから)どっかの売れない落語家みたいな、頼りない雰囲気だったわけよ。
あんたもがっしりしてないからたぶん、にわか落語家みたいな雰囲気になっちゃうぞ。
どうせ、袴なんてそのときかぎりなんやから、レンタルになってしまうしさー、せっかくならこの先にもちゃんと出番のありそうな、自前の格好いいスーツでばしっとキメるほうがいいんじゃないの〜?海外行ったら盛装ででかけなきゃのパーティーとかもあるだろうし、そういうときにも使えそうなスーツ買っといてさ〜。今回それ着ればいいんじゃないの?」

あいかわらず短絡的な息子の発想にカツを入れる。ほんまに一段階二段階ほど先のこと、考えないんだからなぁ。
その場限りのための出費してるような余裕はうちにはないんだよ。
いくらレンタルつっても、どうせ何万か、かかるんでしょ。
息子はマネキンみたいな標準体型だからぜったいスーツの方がしゅっとして似合う、と確信。
昨夜『青山』に連れてって、いくつかマネキンが着てたパターンの中から、
これは?なのを試着させてみたら、まさにジャストサイズだった。上着はどっこもお直し無し。
ズボン裾丈だけ採寸してもらい、仕上がりは来週。今ならプラス1万円で、
靴、ベルト、カッターシャツ、ネクタイ、ハンカチ、靴下、Tシャツを付けることができるキャンペーン期間(さすがシーズン)で、
言われてみればうちはスーツだけじゃなくてそういうものも要るんだった、ということで付けてもらう。
靴だけでも1万円ほどするのに...これはラッキーだ。
会員カードで割引をきかせ、スーツ含め8点セットで3万そこそこで買えた。この値段なら納得だ。

オーケストラステージ衣装用に2年前に買った黒いスーツは、ネクタイを替えれば
リクルートにも使えそうだし、人の結婚式、あるいは喪の場にもちゃんと使えそうだ。
今回のはパーティーとか盛装で行かねばならないレストランとか、ジャケット着用で人と会うような場、
そういうときにも使えそうなものにした。まずは高校の卒業式、そして大学の入学式に出番がある。
これはうちら親がしてあげられる最後のことだからね。
これ以降大学行ってから、必要なスーツとか洋服とか何か発生しても、あとは自分のバイト代で買うなりしてね。
学校も卒業だけど、親から守られてるこの環境からも
この春、卒業だよ。


by yukari  at 10:34
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31