トップページ »  » 小樽へ

小樽へ

昨日、初小樽の友人と回転寿しランチ。
その後、あまとうに立ち寄ってから
ディープな空間にご案内。

DSCF6661.JPG
焼きたて熱々のおいしさと
職人気質の頑固おやじの2代目がやってる昭和な空間を知ってもらいたくて。
その頑固さがあたしはけっこう好きなもので。

雨風で気温8度。
寒い中、ガラス細工やオルゴールの店、ルタオや六花亭、北菓楼をめぐりながら
ところどころで、本州で待つ家族へのお土産を買う彼女。
いろいろ欲しくなる気持ちをぐっとおさえてスーツケースに収まる量でちゃんとまとめた。

ホテルに戻って
夕食はもう食べなくていっか〜と
夜はバーで4時間。

DSCF6663.JPG
小樽ビール&ホテルオリジナルカクテル『マリーナ』

日曜の今朝も相変わらず曇り空でとっても寒かったけど
少しずつ青空も見えてきて
10時開店の新南樽市場は残念ながらのぞく余裕はなかったけど
窓の外の海をみながらのんびり部屋でしゃべってJRの時間まで過ごした。

帰りの電車の窓からはきれいな海も見られたからよかったな。
友人と一緒になってこの数日間いっぱい楽しめて
明日からフヌケになってしまいそう。。。

空港へ向かう彼女とは車内でお別れ。
『東京方面、今日は25度だって...』現地の暑さをふたりで想像してどよ〜ん。
ばてないでね...。

札幌で降りて、さーどうしようかな〜と地下通路を歩いてたら
あたしの前を歩く家族がとっても幸せそうで、
思わず撮っちゃった。

『いち、に〜、さ〜ん!』『いち、に〜、さ〜ん!』

一番右からおじいちゃん、孫、おばあちゃん、孫、パパ、ママ
と思われ、
さ〜ん!で、ちびっこたちと手をつないだ3人の大人たちが持ち上げてジャンプさせながら
とっても楽しそうに歩いてた。
おばあちゃんというには若い後ろ姿だけど
こういう関係いいなぁ〜とほほえましかった日曜日。
DSCF6667.JPG

by yukari  at 19:02
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31