トップページ »  » インフルエンザ

インフルエンザ

金曜から高校も始まって
久しぶりに夫とふたりの土曜の朝をコーヒーのみながらのんびり過ごしてた...のは
ほんのいっときで、
夫の体調はどんどん悪化。
咳ひどくなって
動きもにぶくなって
でも食欲はあったから
食事はちゃんと食べてた。
昨日は体あったまる食事に飲み物、そしてはやめの就寝。
今朝はだいぶ良くなって...どころかもっとひどくなってて
結局病院へ送っていった。
結果、インフルエンザと。

夫の隔離部屋を用意して...
病院から連れて帰って
これから毎日食事は全部部屋までお運び...
息子やあたしに感染しないようにトイレ以外は極力部屋からでないようにしてもらう。
こういうの、これで2度目だ。 

いつも思う。
もしあたしがインフルエンザになったら
こうして朝昼晩、誰か食事をバランスよく作って隔離部屋まで運んでくれるわけ?と。
平日は会社や学校にみんな行くわけで
あたしがのどかわいたーおなかすいたーと思っても
だーれも寝室まで食事なんて運んでくれるわけもない。
あたしが寝込んだら
息子は学校に持ってく弁当だってテキトーな感じになるんだろうな。
毎回かかりたくてインフルエンザにかかってるわけじゃないのはわかってるし
しんどそうなのを見ると気の毒にはなるけど
あたしの時は同じように平日は朝昼晩とも看護してはもらえないんだろうと思う。
だから、かわいそうにとは思いながら、少し腹がたつ。ゆっくり寝込めるなんてずるい、と思う。
日頃から体調管理とか体力作りとか気をつけるようにしてる自分。
体調崩してスケジュールが狂うのがいやだから。
でも、明日予定してたウクレレレッスン。さっき、先生にお休みのメールを送った。
家族が体調崩したので、と。
自分の予定もそうだけど、先生のスケジュールもこうして狂わせてしまう。夫だって1週間は仕事を休まなくちゃになった。
あたしはこういう感じがたぶんたまらなくいやなんだと思う。
回復したら
夫には運動を義務づけて体力つけてもらわなきゃ。たしか前回も同じことを言って夫は『わかりました』って言ったはずだった...

近所の大倉山ジャンプ場でジャンプのワールドカップが開催されてたこの週末。
今日は日本人の伊東選手が1回目のジャンプで2位につけて
いよいよ2回目の結果で優勝か?!というシーンが近づいてきたとき。 

IMG 1398

札幌の景色が下に。なんか幻想的。

いよいよ伊東選手が準備。と思ったら
ずず〜っとずり落ちて、どんどん転げ落ちて...どーいうこと?!

腰をかけてスタートラインのところで手をついたところで手が滑ったらしく
バランスを崩したようだった。 

IMG 1404

本人だって思いもよらなかったことだろう。
やりなおしできるのかと思ったら
本人のミスということで、もう2回目のジャンプはさせてもらえなくなった。
せっかく2位だったのに...去年は優勝したから今年も、と期待がかかってた選手。
飛んで距離が伸びなくて、というのより悔しすぎた。
でもこれも、そういうこと(滑ること)もあるかもしれない...の予測力、危機管理力、 緊張不足
なのかなぁ。だって、みんなが手を滑らせてたわけじゃなくて、彼だけだったから。
自分のベストをだすためには
なにごとも自己管理力なのかも。 

by yukari  at 21:01
コメント
  1. ご主人、お気の毒。でもゆかりさん、
    その腹がたつ気持ちすごーく(笑)よくわかります。
    主婦、母親、妻の役割が大きいと特に休めない。年中無休だもん。

    家族は受けなくても自分は絶対予防接種を受ける、といってた友人がいて、「私がインフルエンザで一週間動けなくなったら家が停滞しちゃうから」って最もだと思った。本当に誰が看病してくれるんだろうって思う。

    by はるみ  2013年1月21日 02:25
  2. そうですよね。
    今回、誰も予防接種を受けに行ってなかったんです。
    受験生もいないしねって。
    予防接種代も4人分ともなるとバカにならない。
    留学準備費用とか目の前に大きな出費があったからそっちを優先したかったんですよね。
    自分の体調管理で、各自絶対医療費かからないように
    頼むよ!って願ってたんですけどね...

    by ゆかり  2013年1月21日 07:50
コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31