トップページ »  » 札幌で8回目の春を過ごしながら

札幌で8回目の春を過ごしながら

北海道に来て11年目だけど
石狩暮らしははじめの2年8ヶ月だけで
これでもう札幌暮らしのほうがとっくに長くなってる。
じゃあもう札幌になじみきってるかというと
いつまで経っても気持ちが全然なじまない。
こんなに長く同じ環境にとどまってることなんて
過去をふりかえっても、結婚してからもはじめてのことなのに。

ここに住んでる意味を毎日探してる。
もう何年も。
北海道の中では受験を考えるとたぶんこのあたりの学校に通わせとく方がいいのかなという
親心だけでこの地域に移動してきた。
実際、受験にはまにあった気もしてる。
にぎやかで便利な場所を好む次男が今の高校に通うのにも
今はなにかと都合がいい気もしてるし
ここまではまぁよかったのかもしれない。 
だけど
来年次男が大学に行けることになって本州に暮らすことになったら。
長男もまた社会人になってきっと本州で働くんだろうし
そうなると
夫と私がふたり、ぽつんと北海道に残る。
家も買ったんだから当然このままここに2人で暮らすんだろうけど
夫も私も個人的な友人がどうしても実家のある本州にばかりいるわけで
親戚がいるでもないし町内や近所のつきあいもほとんどないこの環境で
ふと
このままずっとほんとにこのまま
ここに暮らさなきゃいけないのか
このままここで年をとっていくのか
子どものために北海道に移ったから子どもの用事が済んだら義務はもう果たせたんじゃないか?とか
なんでまだここにいなきゃいけないんだろう??とか
ここに住んでく意味がどんどんわからなくなってしまう。
これまで住んだいろんな土地で深く関わった友人たちのような生活がらみのつきあいも
この札幌ではびっくりするくらい発生しない。
ここまで個人的な、心を開ける友人がほとんど作れない土地というのは生まれて初めて。
知り合いはいないわけではない。ある場で顔を見れば挨拶くらいはする。
だけど表面的なつきあいだけとも言える。知り合いであって少なくとも友人ではないと思う。

だから
札幌の、ここに住んでる意味をたえず探してる。
ここに暮らす楽しみをどこかに求めては歩いてる。
大好きだった近所の古い店が1軒閉店した。
その前に、近所の古い洋館が取り壊された。
雰囲気のある古い建物はあっけなくこわしてしまう街だ。
けっこう気持ちの支えだったから
そこがないんだったらここに住んでる嬉しさも楽しみも正直もうないんだけど...ってくらい沈んだ。
ここはおしゃれな街とか言われてるけど
そうかぁ〜?ってあんまりそれほどそこに価値をみいだしてなくて
近所のパンケーキ店に朝から行列してるのも冷ややかに見てる。たかがパンケーキに...って。
結局、
息子たちの学区のためだけ、治安が良いほうだという安心感のためだけに
ここにおさまったというだけで
近所の話題の店なんてどーでもよかったりする。こじゃれた店ばかりで
自分がほんとに求めてるものは案外手に入らない。
それくらいこの地域にたいした愛着がもててない。
次男がいるうちにこの気持ちのつまらなさを
なんとかしなければ、と思ってる。
次男が来年大学に行ってから、じゃなく
今からとっかかりを作っておかねば、という気持ち。



 

by yukari  at 18:06
コメント
  1. 私は逆に、
    「我が家はひめっこのための転居が出来な
    かった」
    というので、ずっとひっかかっています。


    ひめっこはひめっこで、
    今の学校でも楽しくやっていますが、
    本当にこれで良かったのか、
    無理してでも附設に入れるべきだったのでは
    とか思うことがあります。
    でも転居してたら、
    ひなも受験が必須となってでしょうし、
    何が良いんでしょうねー。

    「子どもが巣立ったので、家を建てた(引っ越した)」
    って話を最近よく聞くので、
    また次の展開が待っているかもしれませんよ。

    by うりぼう  2014年5月16日 12:15
  2. ひめっこちゃんが今楽しくやってるなら
    たぶん今のところで正解だったんだと思います。
    少し気持ちや学力に余裕をもって学校生活できたほうが
    まわりもいろいろ見えていいのかもしれませんよ。
    附設はトップクラスだから
    より高みを目指す授業を詰めてするんだと思いますが
    それはそれでちょっとしんどそうですよね。
    みんながそろって賢い学校に入ってしまうと
    いきなり自分の順位が下になったりしてびっくりするし
    親に怒られたりもしていやだった、と夫が言ってました。

    by ゆかり  2014年5月16日 17:56
  3. 東京にいても自分の居場所はなかなかみつからない。
    なんて書くと暗いけど、その場その場では周りを上手くやっていても結局心を許す友まではいかない。

    年をとると難しいね、いろいろと。
    とゆかりさんよりもっと年上の私は思う。

    by はるみ  2014年5月17日 22:56
  4. はるみさんのところは
    現在地で4回めの春になるのかな?
    お互いがむしゃらに親や妻を頑張ってきて
    気がつけば自分のことを全部あとまわしにしてきたよね。
    たぶん今後は
    自分のことだけ考えるようにしないとだめなのかなって。
    家族のことを優先にしてしまう長年のクセがついてるから
    すごく難しいことなんだけど
    自分の毎日をどうやったら快適にすごせるか
    今いる場所で、昨日より今日、今日より明日
    小さいことでもいいから
    自分優先にすることをみつけて自分を大事にしてあげないといけないよね。
    この年になると
    心許せる友人なんて新天地で作るのは不可能なのかも。
    だからなおさら
    自分にとっての楽しいなにかを見つけなきゃってすごく思います。

    by ゆかり  2014年5月18日 06:33
コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31