トップページ »  » おから

おから

豆腐屋さんと知り合いになりたい、と思って
いきつけの魚屋の並びにある、地味な個人経営の豆腐屋の、
すりガラスの引き戸を
思いきって開けてみた。
「こんにちは」

第一印象は大事だ。
ここで「いらっしゃい!」と歓迎ムードで出迎えてくれれば
あたしはきっと今後豆腐関係のものはここで買うことを決めたろう。
だが、戸が開いたことにも気づかず
こっちは何度も「こんにちは~...」と叫んだ。
だまってこっちに来たおやじさんに
しょうがないから「木綿豆腐2つと...あ、このおからください」と言ったら
だまって豆腐を2つ手ですくってパックにいれ、ビニールにいれ、それを手提げビニール袋にいれた。
おからは「そこ、入る?」
あたしの手提げを指差された。
あ、はい...。
おやじさんがあまりにも愛想がなく、なぜかこっちが気をつかって「豆乳は売ってるんですか?」などと
聞いてみる。
「ない」とひとこと。
そして
「330円」といわれて支払い「どーも」とあたしは言って店をでた。
どれがいくらか値段もでてなかったので
豆腐が1丁165円でおからがタダだったのか、
豆腐が150円でおからが30円だったのか
豆腐が140円でおからが50円だったのか
確認できないまま終わった。

まだほんのりあったかいおからで
ひさびさに卯の花を煮た。

あったにんじんとネギとハムをいれて
白だしを使って煮たらずいぶん上品な色になった。
おいしくできたから満足だけど
あの豆腐屋にはたぶんもう行かない。
いいお客さんを逃がしましたね...。

by yukari  at 12:31
コメント
  1. ふかふかで美味しそうに出来上がったね!
    さすがプロ!
    でも・・・豆腐屋さんだなんて珍しいよね。
    この時代に、都会の真ん中で豆腐屋だけで食べていけるだなんて、よほど偏屈で意地がなければ続かないはず・・・そんな気質で損しちゃうことも多いんだろうな・・・
    でも、まだお店が成り立つってことは、そこそこ固定客がついてて、味もいいんじゃない?豆も国産や道内産にこだわってるとか。
    味はどうだった?美味しかったのなら、また行ってみる価値あるかもよ!
    そのおじさん、うちの父に良く似てるのよね。聞いた感じがさ・・・(笑)なんだか他人に思えなくて・・・
    うちも、商売の仕方は地味だけど、毎朝中央市場に仕入れに行って、野菜は国産しか扱わないし、果物も「秀」とか「特秀」しか持ってこない。値段は少々高いが、うちの野菜しか食べないっていう固定客のおかげで生きていけます(笑)

    by 花子  2007年2月14日 09:10
  2. 花子さん、
    昔からの店ってたいていそうよね。
    味にこだわるちょっと偏屈なおやじさんが
    セットというか(笑)。ここもたぶん昔からの近所の常連で成り立ってるんだね。
    新しい客は特に求めない空気が漂ってるんだよ。商売とんとんならもうそれでいい、みたいな感じで。
    私は新しい客に対してもちゃんと対応してくれる店が好きだから
    新入りもちゃんと歓迎しようとしてくれる、大好きな魚屋さんみたいな雰囲気の豆腐屋を開拓してみようと思ってるよ。
    たぶんあるもの。

    by ゆかり  2007年2月14日 12:16
  3. 最近ブームの「おから」はスーパーでも売っているけれど、鮮度と味が不安で買ったことありません。やっぱりお豆腐やさんじゃなきゃね。でも、このお豆腐屋さん、職人気質で、誇りを持ってていい感じ。ウチの近くにも「(我が家の通称)かんじの悪い肉屋」があるのだけれど、味が別格だから、耐え忍んで通ってるの。いつも店を出るとき「もう、二度と来るもんか」と思うけれど、食べるとまた買いたくなっちゃうのよねー。

    by I  2007年2月14日 13:45
  4. Iさん、
    「お肉買いに”かんじの悪い肉屋”行ってくる」って感じでしょうか?(笑)
    おからはさすがに新鮮だったんだけど豆腐はね、残念ながら…ごく普通なのよ。
    大豆の味がしないの。あれ?って(苦笑)。

    by ゆかり  2007年2月14日 14:35
コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31