トップページ »  » ぶらっと小樽へ 2

ぶらっと小樽へ 2

久しぶりに来るとお店もところどころ替わっていて、
こんなとこにこんなのあったっけ?な店があちこちにあった。和楽のすぐそばに、つきじの寿司屋すしざんまいができてて、
おお、勝負かけてきたなぁという印象。そばにはとっぴーもあるから、ここら一帯寿司屋だらけだ。
それでも小樽は寿司で勝負できる場所なのかもしれないな。

気まぐれにふらふらしながら住宅地を抜けて左に曲がる時、
そこに巨大な灯籠が不自然にあるのを見つけた。なぜ、真横にせまる場所にこんな家が?

DSCF5420.JPG
てことはもしかしてこっちにも?とまわりこんで見てみると

DSCF5421.JPG
より不自然な感じで灯籠が埋もれてる。なんなんだ?

てことはここは...
と下がって見てみれば
DSCF5422.JPG
あぁ、あんなところに鳥居が。ここは参道だったんだ。。。
で、なんの?
そばのアパートの名前が『水天宮前』だった。
この先に水天宮があるのか、ということにようやく気づいた。

お産祈願ももはやないので、
それを背に古そうな商店街を抜けてくと
さびれたアーチが。ミツウマってなに?そういう店はそのへんには見当たらないし。

DSCF5424.JPG

携帯のネットで調べてみれば
どうやら小樽に工場があった長靴会社の名前らしい。

純喫茶光でコーヒー休憩。
持参した図書館の本を読みながら1時間ほどすごした。

そういえば小樽の駅弁を買ったことがない、小樽の駅弁てどんなの?ということで駅のキヨスクに寄って
1個選んで買った。これを夕食の時にみんなで分けっこして味見しよう。
DSCF5425.JPG

朝10時にうちを出て
夕方5時に帰宅の旅。
小樽はなんかほっとするんだなぁ。

by yukari  at 19:13
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31