トップページ »  » 息子に教わったイブ

息子に教わったイブ

根岸さんのありがたい講演会から帰宅した息子に
日頃バイト先で作ってるという海鮮丼の作り方を教わった。

DSCF5790.JPG
すし飯は200グラムで〜
ま、職場では手袋してやるんだけど、
こうして順に散らしてくんだ...

DSCF5793.JPG

こんな感じ。ほんとはイカとか、とびっことか、紫蘇の実とかも使うんだけどね。
DSCF5794.JPG

ほおお〜。

これが今夜の夜ご飯ということにしたので、長男は夕方4時前にはこれを食べ、夜バイトへ行くことに。
実は毎日作ってはいるけど実際食べるのは初めて...と食べてみて、おいしい〜!と感動してた。
残り3人分は、息子直伝、ということであたしが見よう見マネで夜に再現することに。

...再現したつもりだったけどどこかなにかがちがうような...。

DSCF5796.JPG

なんとなくあたしのは大雑把な印象。ま、たしかにてきとうに散らしただけなんだけどもね...
散らし方にもコツがあるんだろうな。数こなしてる分、これに関しては息子のほうがやっぱ先輩だな、と思いながら
食べた。
おいしい〜!
これにとびっことイカと紫蘇の実までのっかったらほんまに豪華やろけど
今夜のこれでも充分にイケルぞ〜。

イブはやっぱ魚やなぁ。
これから毎年うちのこの時期恒例メニューにしちゃお、この海鮮丼。
クリスマスにチキンとデコレーションケーキって...
実は海外でクリスマスにそんなの食べてるとこ、どっこもないんやけどな。
ほんま日本人は、数十年前にチキン業界とケーキ業界にまんまとしてやられたよな。
そろそろこの際やから『クリスマスにチキンとケーキ?...これからは魚よね』ってふれこみで
テーブルにお魚どーん!みたいな展開にはなっていかんもんかね。
ならんか...うちだけはそういうことにしとこか。
DSCF5797.JPG

by yukari  at 00:00
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31