トップページ »  » 鏡開き

鏡開き

朝、鏡開き。昨日から煮ておいた小豆でぜんざいの朝ご飯。
玄関飾りも外した。
正月気分をこれで完全に抜かないと。

献上銘菓 千代くるみ。

DSCF5898.JPG

加賀の白山麓で採れる胡桃は良質で粒が大きく...
胡桃の衣掛けをして高岡藩より将軍家へ献上されていたもの...
大伴家持が国守として赴任していた越中文化発祥の地、伏木にて
『こし村百味堂』はお菓子創りをいたしております...。

大伴家持にほんまに影響を受けた土地柄。
水墨画ののし紙がいかにもだ。(大人は風情を感じ、こどもには心躍らないデザインだと思う)

鬼胡桃の砂糖衣がけ。ちっさいひと粒ひと粒を和紙でくるんであって上品としかいいようがないわね。
ちっさいしおいしいから1個食べたらすぐもう1個食べたくなるけど
それやっちゃああかんのやろ、たぶん。
仕事前、しぶいお茶と一緒に、この1個をありがたくいただく...と。

by yukari  at 14:26
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31