トップページ »  » 76歳8ヶ月ねぇ

76歳8ヶ月ねぇ

久しぶりに見た”のりゆきのトークで北海道”
今日は年金の話題だった。
60歳から受け取るか、65歳から受け取るかで
76歳8ヶ月あたりで、受け取り総額が逆転していくらしい。

65歳から受け取ればそこから満額(年78万8900円ほど)ずーっと受け取っていけるとして、
60歳から繰り上げ受給したとすると5年分先にお金が受け取れるメリットとひきかえに、
60歳からだと総額の70%しか(年55万2000円ほどしか)もらえなくなるということだ。
これを
自分にとって、どっちがいいかと判断するか、だ。

60歳から65歳までの5年間は手取り0でガマンして超貧乏暮らしで息をひそめながら日々をやり過ごし
65歳以降から先はそれまでのガマンの分もちょびっと楽しむことを含め、
よろよろする年齢になっても確実に月にならして6万5000円ほど死ぬまでもらっていけるほうがいいと考えるか、

月4万6000円になっちゃうけどまだ元気な60歳からもらって、それを生活の足しにしながら(けっこうキツいなりにも)
月に1度くらいは日帰り温泉に行ったり、映画観に行こかと思えたりしながら60歳から65歳のあいだ、動き回れるほうを優先し、
そこでそれを優先したことでその先もずーっと月4万6000円だけの受け取りで年とっていくか。

どっちが正解ってことはないだろうから
あとは自分の判断だ。

76歳8ヶ月まで生きなかったとしたら
65歳からの受け取りの人はトータル額では損をする。
60歳から受け取って、うっかり80、90、さらに長生きしちゃえばこの人もトータルで損をする。
一番いいのは
60歳から受け取ってほどよく老後を楽しみつつ76歳くらいでころっと終わる人生?
なかなかそんなうまいこといかんやろ〜!
年とれば途中途中には体調崩すこともあるかもしれんし、自分か夫か、どっちか先にいなくなってしまって
一緒に旅行しようと思ってたのにひとりじゃなぁ...って結局あまり楽しめない老後になる可能性だってあるだろう。
ていうよりも
60歳の受け取りを待たずに払うだけ払って、払い損のまま60歳前で終わってしまう場合もある。
つまり
59歳くらいまで元気にしてて、なんかまだこの先も生きそうやから、来年からの年金、どーしよ?っていう年齢になってから
悩めばいいことかも。
とりあえず今は、
年金なんてせいぜいで月5万円くらいのもの、生活の足しになんかなりゃしない額、
実際うちらのときは5万ももらえんのかわかんないぞってことだけだ。
というよりも
それをあてにしないでもやれるベースを今から築いておくのが一番いいに決まってる。

ま、家のローンを80歳まで抱えてる我が家はそうとうやばい...ということだけは再確認。
気がつけば夫はあと12年で60歳。あたしはあと16年。
ひとまず、12年間のうちに家計でなにかが改善できるだろうかということを考えてみようか。




by yukari  at 11:34
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31