トップページ »  » すすきのが近くてよかったの昨夜

すすきのが近くてよかったの昨夜

昨日は、
連休中、おまけに連日天気悪い、となると
みなさんの行楽は屋内。というわけで
店は忙しく、仕込みも遅くなって2時をまわってからエビの殻むき開始。
夕方4時半までひたすらエビの殻むきをやり
5時半にはどうにか帰宅。
茶の間では珍しく夫が蕎麦打ちをやっていて
夕食はとろろ蕎麦。打ちたてはやっぱりおいしかった。

食べ終わったらすぐふたりですすきのへ。
ビルの中にあるslow Boat という店に初めて行った。
廊下でさっそく、先生発見。思わず握手。
4年前まで息子がサックスを習ってた先生。ニューヨークに行かれてしまったから
もう会えないかもと思ってたから、会えて嬉しかったなぁ。

石狩の中学の吹奏楽部をやめて札幌に転校しなきゃになった長男の、せっかく慣れてきたサックス吹きの場を確保したいと思って
円山に引っ越してすぐ、あたしはサックスを指導してくれる先生と場所を探した。
そしたら近所のライブバーでライブもしてるし指導もするというニューヨーク出身、北大ジャズ研卒のお兄さん、佐藤先生をネットでみつけて
すぐメールをだした。息子にサックス教えてやってくれませんか?と。思えばあれが、佐藤先生との出会いだ。
裏参道祭りや札幌ジャズにも登場して
佐藤先生の演奏を見るのがほんと嬉しかった。サックスってほんと格好いい、こんな先生に習えるなんて
あんた、あたしに感謝しなさいよ!息子にはそんな気持ちだった。

息子が高校に入り、指導も1年2ヶ月経った頃、
先生はニューヨークに拠点を移すことになった。
息子はオーケストラ活動に入り、チェロとクラシック音楽漬けになった。ガラッとかわった3年間。

その後、先生の活躍は去年からFacebookの写真で見ることになって
あたしはニューヨークで先生のサックス聴いてみたいなぁ...と思ってた。
だから数日前に
「札幌に行きます」のメールをもらって嬉しくて
行きます行きますぜひとも!で、すすきのにくりだした。
サックス指導受けてた円山のライブバーは
この4年のあいだに別のライブバーに、その後日本料理店に、そして今またちがう日本料理店に変わってしまってる。
移りかわりの早い円山だから仕方がないけど
4年という月日もしみじみ感じる出来事。
でもすすきのにはいくつもバーがあるから、そこに来てくれればこうして演奏もみれる。
すすきのが近くてほんまによかった、そう思いながら見てた。
今回、ニューヨークの4年の重み、アメリカのパワーを
先生の演奏の迫力に感じた。アメリカでプロでやるってこうなんだと。

先生に会う事、先生の演奏を見る事、が一番の目的だったけど
ピアノとベースとドラムにもそうとう感動した。
佐藤先生は今回特別ゲストということでの4人のスペシャルライブだったけど
日頃はピアノ、ベース、ドラムの3人がほぼ毎日のスケジュールでここでライブやってるようだった。
ピアノの年配の方も若い頃にニューヨークでやってたという方だし、ベースもドラムも、若いお兄さんたちだけどいつまで見てても飽きない演奏だった。
プロってほんとすごい...あっというまの3時間だったなぁ。  
今年はここに通っちゃおうかなぁ。  

by yukari  at 09:20
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31