トップページ »  » 気が抜けた

気が抜けた

12月23日からの9連勤+昨日今日の2勤を私は先ほど終え
店はまだ今夜の営業はあるものの
明日から店はようやく本格的な冬連休に入る。
大将も板さんも待ちに待った連休。板さんは昨日から少し風邪気味でしんどそうで
たぶん大将ともども、もう体限界なんだと思う。ゆっくり休んでほしい。
けど
毎日店に行くことで生活のはりとかペースができてたから
私は明日からしばらくどうしよう。。。

で、気がつけば明日で46歳も最終日なのだった。
46歳最終日、どう過ごそうかな。
毎年思うけど
正月明けの自分の誕生日はなんとなく正月疲れがでる時期というか
イベント全部終わって気分的に
世間は平日に戻るタイミングだし
なんかほんと地味だ。
でも自分が家族の誕生日に毎回やってるように、
家族からも特別な感じで準備万端で祝ってもらえるのではなんて毎回期待が大きすぎて
だけど思った感じには事前に準備もされてなかったりして当日バタバタ動く様子をながめながら
男家族なんてそんなもんか。。。とけっこうさみしい思いになったりする、ここ数年そういう誕生日だった。
だから去年の誕生日のあと
この年になって
もう誕生日なんてどうでもいいじゃない、と気にしないのが一番かもしれないと思うことにして
今回からは地味にひとりでケーキでも食べに行って通り過ぎることにしようかと
思ったこともあったけど
先月のようなけっこうな大けがをして致命傷ギリギリセーフな体験をしてしまうと
どうにか次の誕生日を迎えられることって
本気でめでたいんだという気がして
やっぱりこれはちゃんと祝ってもらおう、と思い直した。
だって打ちどころ悪かったら誕生日迎えられなかったかもしれないわけだし。

だから
今後47歳からは自分の誕生日周辺は自分で自分のためにセットアップしようと決めて
とりあえずまだ夫も休み中なことだし今夜は寿司が食べたい、と申請し
先ほど夫に買いに行ってもらった。
そして
プレゼントも、当日花のアレンジメントを買いに行ってぽんと渡されるというのがこの数年間
同じパターンで、
夫の言い分としては花だから当日買いに行く方がいいだろうということだったみたいだけど
なんというか、花のプレゼントが嬉しくないわけではないんだけど、
花屋が近所にもいろいろあるにもかかわらず
毎回同じ花屋に買いに行くからだいたい同じような花器&アレンジメントになってしまってたり
花が日ごとに枯れていくのを自分で引き抜いてゴミに捨てなきゃなこととか、
最後に重いオアシスや花器をゴミとして処分して遠いゴミ捨て場まで運ばなければな手間がけっこうな大仕事だったりするのもあって
最後までそういうことも含めてメンテナンスしてくれるならありがたかったけど
お決まりのアレンジメント渡して終わりってのもどうなの?と
正直そういう面で辛かったので
「もう花はいいから」と。
「今度から日頃使えて残る物がいい、そうだ、ピアスを買ってほしい。自分のセンスで買って。安っぽくないやつね。」と
けっこう具体的に申請しといた。
子育て中心でおしゃれとかに無縁できたアラフィフ女としては
そろそろそういうことにも目覚めたいという思いもあるわけです。



 

by yukari  at 17:39
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31