トップページ »  » 気がかりをひとつずつ

気がかりをひとつずつ

昨夜、峠の釜飯の空き容器で
ご飯を炊いてみた。 

IMG 7673

仕上げにしらすのせて蒸らすこと15分。

IMG 7675

できた。

これを昨日の夕食にした。
自分に茶碗1杯
夫に茶碗1杯+軽く半分
米1合で、この釜1個分で
2人暮らしにはぴったり量だった。
ずっと、炊けるか試してみたかったから
ひとつ気がかりが解消してうれしい。

昨日あんなに雪が積もって本格的な冬に突入か、と思ったのに
今日はびっくりの青空であったかいし
 

IMG 7680 

道路もすっかりアスファルトが乾いてたりして
嬉しい反面、拍子抜け。
冬、これで終わったのかな?? 

芥川賞の『異類婚姻譚』がそろそろ近所の本屋に並んでるかな?あれば買って帰ろう、と
思って寄ったけど
あいかわらずまだ”近日入荷予定”のまま。
予約受付中、とあったけど
そこまですることもないか、また来て、あったときに買えたらそれでいい、という感じだから
そのまま図書館のほうに寄って、図書本を少し借りて。

 今年に入ってから
これまでみたいに、お風呂で石鹸で顔洗う=化粧落としついでの洗顔 は
ちょっとそろそろやめようか、とうっすら思い始めてきて
何年ぶりになるかもう思い出せないほどに久しぶりに
今日、洗顔フォームというものを買った。
それも
棚を見ると、いろんな洗顔フォームが種類多く並んでて
もうどれがいいのかわからなくて
最終的には
なんともアナログ感を感じるというか、これ昔からあるんでないの?この独特な目のでっかいキャライラストがインパクトあり、な
『ロゼット洗顔パスタ』シリーズに手が。
”パスタ”が長年の謎表現だったけど
うちに帰って調べたら
”クレイをペースト状にしたもの”ってことで
それって単に”ペースト” が ”パスタ” になまっただけのことかい!
でも、ちょっと解決。
どんな使い心地なのか、楽しみ。自分に合ってるといいんだけど。 

by yukari  at 16:51
コメント
  1. 私はゆかりさんとは逆行して、石鹸で洗顔をはじめました。
    「手ぬぐい洗顔」という、手ぬぐいに石鹸つけて、顔を拭く・・・というもの。

    考案者の祖母(とても美肌)がやっていたらしいのですが、
    クレンジングなしで大丈夫だろうか???と思いつつ、今のところ肌荒れもないので、楽でいいなと思ってます。

    それで、ロゼット洗顔パスタ!
    祖母が愛用してて、すごく懐かしくて、ハートをわしずかみにされました(笑)
    容器の真ん中に穴があいてて、そこから洗顔料を出しますよね、確か??(40年以上前の話)
    今でも同じなのかな。

    ゆかりさんの使用感が楽しみです(^^)

    どちらにしても「昭和」な洗顔方法を実施してますね(笑)

    by うりぼう  2016年1月27日 11:16
  2. 真ん中から洗顔料を出すタイプ、今も
    水色のとピンクの2種容器でありますね〜。
    ロゼットのは結局そのタイプのが一番評判いいみたい。
    うちに帰ってから口コミ調べてわかりました。
    まずはそっちにすればよかったなぁ。

    私はアルガンオイル配合の
    黄色いチューブタイプのを買ってみたんですよ。くすみにいいとか書いてあったから。
    他にもいろいろあって
    ロゼットがこんなに頑張ってることや
    今の人にも支持されてることに感動しました。

    by ゆかり  2016年1月27日 12:00
コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31