トップページ »  » いろいろと

いろいろと

この週末はなんだか心が不整脈だった。

がっかりしたりうれしかったり不安になったりほっとしたり
わくわくしたりテキトーになったり和んだり緊張したり。心かき乱れてちょっと疲れた4日間。

息子たちのことはひとまず落ち着いて
それがなによりほっとした。

DSCF4478.JPG

土曜日は少し和めた日。
今年のゲージツサークルが始まったから。
新しいメンバーが15人も加わった。今年も30人近くでアートつながりで集まる空間を月1で共有できる。
シャドーボックスの月もあるから、お手伝いもできたらと思ってる。
高校の美術室で過ごす数時間と
作ることを楽しみながらいられるひととき。そこに集まる人たちにはどこか共通な空気感がある気がする。
話す内容も、話すときの距離感も、無理がない心地いい感じ。
だから大勢のお母さんがたの中に混じってても珍しくリラックスしてる自分が美術室の中にいる。

そして昨日。知り合い主催のイベントの誘いをかけてもらってたから約束の時間に会場へ。
そしたら50人ほどの女性のお客さんがそこに。
何人かは挨拶ていどの顔なじみもいたんだけど、入り口に入ったところからすごく緊張してしまう。
会場の一番うしろのすみっこの席に直行して、
このどこか圧倒されるような空気感に、う〜場違いな感じ〜...キビシー...とか思いながら居た。
内容は春の新作化粧品の説明とか、カラーセラピーの先生が来て、自分に似合う服の色の見分け方とか、
ちゃんとしたもので、私もなるほどね〜と思いながら聞いてはいたんだけど、
化粧品の話をとても熱心に、ときおりうんうんとうなづきながら真面目に聞いてるほぼ同年代のみなさんの様子や
おしゃれしておでかけしてきてる60代以上のおばさまがたをふと冷静に観察。
すごいのは、そこにいるみんなが、今回主催した彼女のパワーで集まった人たちなんだよなということ。
美や健康に対して関心が人一倍ある人たちの集まり。

あたしはあるタイミングで彼女と知り合って、たまたまちょっとしたタイミングでそのときわかんなかったことをアドバイスしてもらえたことがきっかけで、なんとなく関わるようになった。
知り合いがいなかった札幌で、お茶に誘ってもらえたことも嬉しかったし、
役員やってた経験から学校のことや先生がたのことにもくわしく
いろんな情報をもってた。
自分がそれまでまったく興味なかった化粧品のことも彼女との話の中でちょっと知ることができる。ほんとに素直な気持ちで
勉強になるなぁと思ってきた。
でも、常にパワーのある彼女のようになれないことも充分わかってるから、
参加できるところは参加して、気がのらない企画は不参加で、
そんなテキトーな関わり方をしてきたわけだけど、
大勢を相手に司会をできる彼女と、新作化粧品情報を自分にとりいれようと熱心なみなさんの様子に
一緒に心からのりきれない自分がそこにぽつんと居た感じがしたのも事実だった。
残念だ。みんなのように興味がそこに100%あればどんなにか楽しい空間だろうに...。
だけどあたしの興味の80%はやっぱり食産業とアート。
しみが〜そばかすが〜シワが〜と年相応の悩みがまさに深刻になってるのに、
それでもまだ美について本気で耳を傾ける気持ちが20%しか...。

イベントが終了したらそそくさと会場をあとにした。そんな昨日だった。






by yukari  at 11:04
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31