トップページ »  » 息子にふりまわされる

息子にふりまわされる

最近は週の前半の集中肉体労働が
ほんまに体にこたえるというか...
今週は月曜日からずっと店が満席で、
昨夜もそうとう大変だった。
遅い帰宅が多くなり、さすがに心配して夫が駅まで車で迎えにきてくれることもたびたび。
ほんと助かる。忙しすぎない夜は駅からの15分の道のりはそれほどしんどくない。でも、
こうも忙しくなると駅に着いた時点でもう歩く気力が残ってない。このままこのローソンに泊まりたい...と思うくらい。
で、お風呂に入ってひといきつく頃にはもう日をまたいでるから、
朝もかなりツライ感じで起き、今朝もどうにか弁当を作り、

DSCF4669.JPG
息子たちのいつもどおりの登校にまにあわせるように努力した。

中学生は元気に行った。
そして高校生はというと、運動会でなのか、早起きしてひとりでやってるランニングのせいなのか、
足の裏を傷め、それは日が経つにつれひどくなってきたようで、
今朝は片足に体重かけただけで『痛い』と。

ほんじゃ、放課後にでも、3年前に筋傷めてお世話になったクリニックにまた行って診てもらえば?朝は車で学校まで送ってあげるから。
ということで、朝ふたり車に乗って高校へ向かって出発した。ところが。

『学校行きたくない』と、くらーい顔。

...どーした??なんかあった?

『移動教室のたびに足ひきずって移動するの、いやだ』

...それだけ?

『まぁ、うん』

...。

そのまままたマンションの駐車場に逆戻り。
ほんなら、欠席の連絡学校にいれときなさい...。言いながらなんかちょっと腹たった。どうせなら車に乗る前に言えよって。
足ひきずって移動がいやだって...そんな理由で休むヤツ、おるか??
でも、それ以上言う気力も今朝はないくらい疲れてて、
あきれながら帰宅。

これまでなら
あたしが学校に電話して「息子は休みます」とかける。だけど高校生なんだし、熱があるわけでもないんだし、
ちゃんと自分で連絡するだろうと思いながら、ゲゲゲの女房を見てた。そしたら担任から電話が。

「あのーホームルームのときに息子さんがいなかったんで」

えっ?欠席の連絡したと思うんですが...。
そこで、息子が担任の携帯に直接電話をかけたことを知る。それも『留守電になってたから留守電にいれといた』と。

あんたねー!まずは学校に電話してクラス言うて、休みますって言わんとあかんやろ??
担任の携帯の、それも留守電に入れとくってどーゆーこと?直接言わんと意味ないやろ?
「あー携帯は事務室に置いてあるのでー」って担任、気がつかないのそりゃあたりまえ。だから、
息子が学校に直接電話せんかったことがそもそも間違い。この年でまさかまだここまで息子、抜けてるとは思いもせんかった。
新しいクラスの新しい担任と、こんなカタチで親として初会話なんてまったくもう恥ずかしすぎ。

「朝の診察開始時間めがけて行くからね!お母さん、ほんまは町の中まで車で行きたくないけど...だって札幌駅前、一方通行多いしさー、曲がったらあかん時間帯あったりさー、あのへんどこ車停めていいんかなんかようわからんもん」
そういいながら病院のホームページ見たら、この数年で診察時間が変更されてて、今日、木曜日は午前の診察が休診と。あー。。。
午後の診察連れてって、それが終わって車でマンションに帰ってくるまで、
あたしは今日1日、気が休まらんなぁ。せっかく仕事のない木曜日。
のんびり休もうと思とったのに。

by yukari  at 01:25
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31