トップページ »  » まいった 2

まいった 2

先月からちょっと異常な出血。
前回は週末だったから安心してうちでぐったりと寝込んでられたけど
今月は予定日とは大きくずれたこの月曜から出血しはじめた。
あー、月曜日からというのはひじょーにまずい...月火水が立ち仕事のあたしにとっては最悪なパターンだ...と
いやな予感はしつつも、いつもならこれで準備万端、という準備をして、昨夜も仕事へ向かった。
しかし。

あたしは夜の厨房作業を自分の仕事にしてから、
夕方厨房に入ってから家に帰るまでの約7時間、一度も化粧室に行かずに済む体になってしまった。
男の人だらけの職場にいたとき、途中で行きづらくガマンする癖がついて、そのうちほんとに行かずに済むようになった。
体にはとても良くないことはわかってるけど、厨房の作業の手を止めて出たり入ったりするほうがあたしにとっては苦痛だから、
都合のいい体になったと思ってた。ただそのかわり、日中は30分に1度は行かずにはいられなくなってる。
夜行かない副作用かもしれない。

で。
昨夜は作業1時間そうそうに、出血がひどくなり、やばい状況になった。
さすがにこれはしょうがないので「ちょっと行ってきます」と場を外した。
ほんまにきわどかった。やれやれ...とほっとしながらまた厨房に戻ってオーダーさばいてたら
30分後にはまたまずい状況に。
どくどく出血を感じる、というのはほんまに言葉にできないくらい不快なもんで、
「行ってきます」の声かけする間もなく、かけこみ。
かなりやばかった。
またやれやれ...で戻ったが、日頃行かないあたしがこうも頻繁に出入りする状況に、いつもとちがうものを感じてた風だったので、ちょっとそばの社員に言っとこうと、料理しながら「更年期かも」とつぶやいた。
え、なんか思いあたることでもあるの??「ひどいんだ、出血が」

1時間後、さらにひどくなった。さっき声かけといて理解してもらったことでこっちも出入りしやすくなり、
また「行ってくる」
その1時間後、また「行ってくる」

オーダーが終了して後片付け中もとにかく出たり入ったり。
社員たちも「大丈夫?」「貧血で倒れないでね」「具合悪くなったらすぐ言ってね」
そう気を使われると「うん、大丈夫」とにっこりと答えてしまう自分。全然大丈夫じゃないのに。
そしてどうにか仕事が終わって帰りの大通駅で究極のピンチになった。
夫にいつもの駅前まで車で迎えにきてもらったが、すでにもうシートに座れない。
助手席の足下にうずくまるしかなく帰宅。

風呂場に直行。
洗い場が血に染まり、殺人現場みたいな状況になった。
とどめに、卵大のレバー3個も産んでしまった。
もしかしてこれは子宮筋腫の可能性が...。
来週、婦人科に行かなきゃだなぁ...まいった。





by yukari  at 01:03
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31