トップページ »  » 卸売市場で癒される

卸売市場で癒される

今朝は札幌卸売市場の
50周年記念市場まつりがあった。

魚はとれたてのが破格で並び、
さんまトロ箱売り1000円。クジラも1000円。
みんな、箱いっぱい抱えてたなぁ。
青果部のとこでは野菜詰め放題もやってたようだ。

時間になるとマグロの解体ショーも始まって

DSCF5250.JPG

その場ですぐサクになって
即売。


DSCF5251.JPG

うちらはホタテやカゴ入りキウイ、揚げたてかまぼこなんかを買ってから
市場の自由見学コースにそって、普段は関係者しか入れない建物内を3階までぶらぶら見学した。
建物はけっこうきれいで、2階からはこうして1階を見下ろせる。中にはセブンイレブンもあったし、
3階には流通関係会社の部屋がこまかくあって、食堂も。
”順路はこちらです”で指示にしたがって歩くと、『順路』という名の食堂部に着いて
そのとなりに間つづきの軽食部。普段は市場関係者用かな。でも今日は誰でも入れて、
思いがけず外は大雨になってしまって歩いて帰れなくなったうちらは雨宿りがてら、そこでコーヒータイム。
ココアを頼んだら、仕上げににゅっとホイップクリームがしぼられたココアがでてきた。それが
冷えきった体にはとてもあったかくて甘さもちょうどよくて、
部屋の分厚いアナログテレビと東スポ、片隅に見えた市場長靴、という光景にも妙に癒されながら
雨がやむのを待った。

雨がやんでから出発。帰りに見た、競馬場行きの送迎バスがけっこう満員だった。午後からレースがあるからね。
ホタテ持ってなければそのまま道渡って競馬場行きたいくらいだったけど、今日はやめといた。


おやつは大学イモ。

DSCF5252.JPG

家庭菜園素人のあたしのやり方じゃあ、たいした収穫にもならなかった今年のミニトマト。収穫10個くらいだったなぁ。。。
ベランダの緑として、ほんのわずかの収穫の楽しみとして、それでも少し、目は楽しませてくれたけど。
全体もうすっかり枯れ枯れだったし、
夏は終わりということで、こないだ根っこごと全部引き抜いて全部のプランターを空けようとしたけど、
こんな状況でも根性で実をつけてるやつもあって、それだけ残して寄せ集めといたひとつのプランターは今。。。

DSCF5253.JPG

こんなに寒くなったし、茎しかないさみしい姿ながら、1個根性で赤くなってた。
DSCF5254.JPG

その下にもう1個赤くなろうとしてるのも見える。
実がなくなったらすっきり片付けようと思ってるけど、
落ちもせず、こうしてしがみついてけなげに赤くなろうとしてるうちは
まだこのまま見守るしかないかぁ。

by yukari  at 15:47
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31