トップページ »  » ぼりぼりと出会った日

ぼりぼりと出会った日

今日はシャドーボックス教室。
昼過ぎ、お茶にしましょうかのタイミングで生徒さんがおもむろに「炊き込みご飯作って来ました」
「お吸い物の素ももってきました」(準備がいい)で、お湯を注いで即席お吸い物も作り、
ありがたく昼ご飯をご馳走になった。
そのあと前回約束してたので、あたしが日頃あまり立ち入らないエリア、山鼻を案内しますと言ってくれ、
ありがたく生徒さんの車に乗って山鼻探検。

ほんと自分はいつもひとつの目的地があれば、そこだけしか見てない。図書館に用事があれば図書館しか見てない。
その隣に東光ストアがあることなんてまったく気がつかず。
そこまでの道中、けっこう車ではよく通ってる道路沿いにいろんな店があることを
教えてもらって今日ようやく気づいた。

東屯田通りもぶらぶら。 たまたまこないだテレビで見てとても気になってたキノコ『ぼりぼり』を
東屯田通り商店街の八百屋で発見。

DSCF5348.JPG

味噌汁に入れたらおいしいよ、と。そうそうテレビでも、そうしてたなぁ。
レポーターも初めて食べて、「うん、たしかにぼりぼりとした食感。これ、おいしいね〜!」と絶賛してた。
古い商店街の個人経営の店は野菜がほんとに安い。
カードは使えないけど、ぼりぼり、まるごとの大きなカボチャ、ほうれんそうの3つで計470なら満足だ。

石山通り沿いの魚屋にも連れてってもらった。生徒さんも前から気にはなってたけど中に入ったことない、とふたり恐る恐るいたら、
いきなりスキンヘッドのおやじさんが中からドア開けて「ほれ、見てけ」「マガレイもあるぞ」「かじかのこっこも」
吸い寄せられるように中へ。
まったく飾りっけのない魚屋&八百屋。変な愛想をふりまかない業者さん的なおじさんがもうひとり。
「マガレイ買おうかな」と見たら3切れ入りのと2切れ入りの袋が見えて「4切れがいいんだけど」と言ったら
「ほんなら丸ごと買って自分で切ろ」と言われた。あはは。
で、丸ごとのを2尾。豆サバも珍しいからひと袋。「頭落としてもらえんのかな?」聞いたら、
スキンヘッドおやじが「あんたたち、ここ初めて?じゃ、中で頭落としてもらいな」
中にいたもうひとりに「初めてだからやってやって」と指示してくれた。魚屋ならそんなの普通にやってくれると思ってたけど
その人は袋受け取ってさばきながらあたしに「ほんとは自分でやんなきゃだぞ」とひとこと。あはは。
ま、できるんだけどね。生ゴミ減らしたいだけ。すんませんね。
なんかこの、勢いある市場っぽい受け答え、もしかしたらどちらかというと業者さん相手の魚屋なのかな。
でもこういうほうがかえってしゃべりやすくて買い物楽しかったな。
ま、ここもカードなんて使えず。しゃあないな。  

今夜は里芋ごぼうにんじん大根そしてぼりぼり入りの味噌汁をたっぷり作った。
昨日、ほっぺタウンで買った秋刀魚も焼いた。あーなんかもう、毎日この組み合わせでもいいなぁ。あたしはね。
ま、魚好きだけど肉もたくさん食べたいよ、な次男のためにも、さすがに毎日は控えるけど、
それでも週3でこの晩ご飯でもいいなぁ。あたしはね。

  

by yukari  at 19:14
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31