トップページ »  » あぶなすぎてストレスピーク

あぶなすぎてストレスピーク

いよいよ明日から願書受付。
予定として、
先週末までには学校に頼んであったものを担任から受け取り、あとはこの週末に月曜の期日指定で郵送すれば受付初日に届いてOK、

先週なかばの時点で息子も親もどうにか予定どおりだなとそう思ってた。
そのためにも1ヶ月前から息子は担任に、必要書類が何かの一覧を渡して目を通しておいてもらったわけだし。

1週間前から息子には「もうあとは先生からの受け取りだけの状態にしときなよ」と言っといた。
『うん』とヤツは言ったから、てっきりもう自分の手元も準備万端なんだと信じてた。

ところが...

金曜の夕方の帰宅の時点で「もらえた?」と聞き、『うん』と返事がきてほっとした。
なぜなら担任は今週じゅうに間に合わなかったらごめんね、と数日前に息子にさらっと言ったらしかったから。
1ヶ月前から頼んでんだよ、間に合わなかったらじゃないんだよ、ちゃんと間に合わせてよ、とあたしは内心切れそうになってた。
担任でしょ、と。だから女の担任はいやなんだよ、年度始めにこの担任(家庭科)に決まった時点でいやな予感はしたけど、こういう頼りなげなことをどこかで恐れてた気がした。そして
『...おかあさん...』とヤツはぼそぼそした声で茶の間に来た。すでに金曜の夜。いやな予感がした。
『『厳封』の紙のはずなんだけど、これって...』
まったくのハダカ状態の1枚の紙だった。

アゴはずれそうになった。

えええ?!封筒にも入ってない?
どういうこと?担任が『厳封』見落としたってこと?ええ〜!
じゃあ明日送れないじゃん、うっかり気づかずこのまま入れて送ってたら
書類の段階でアウトだったじゃん、あっぶな〜っ!!
封してないから当然丸見えで担任の書いた文字も見えた。
...なんて幼くて汚い文字...それも大学に提出する紙に書き込む教師の文字としてどーなん...
さらに、息子の名前のハンコの部分、担任がなんかミスしたのか、一度紙の表面を何かでけずって、もいちど息子の名前のハンコを押し直したような、紙の表面ぼろぼろ状態に。

もうがっくり。信じられん。こんな大事な紙、担任がミスするなんて。

どうしようもないからひとまず他の必要書類だけでも封筒に揃えといてさ...来週月曜(願書受付初日です...)にあんたから担任に文句言うしか...。えっ?!あんた、他のヤツ、なんも書いてないじゃん!どーゆーこと?!

『今からやろうかと...あと、ここ書き間違ったから明日砂消し買ってくる...』

自分の住所欄の番地、はっきりと書き間違い。それもボールペンで。

もうそのあと、あたしぶち切れ。
自分の住所書き間違うってどーゆーこと?それも前の家の住所書くって、引っ越して1年ほど経つゆうのに!
これ、大事な紙やゆうことくらいわかるやろ?下書きくらいしなよ。
他のは?...真っ白やん!なんで?書いとけゆうたやろ?
それからそういえば提出の作文は?先生に見せてOK出たゆうとったよね?あとは清書?その前に見せて。どれ?
(下書きを見せてもらう...)うあぁぁ〜!なんでこれでOKなん??誰に見せたんよ?え?担任?
あほかっ!国語の先生にチェックしてもらわんと意味ないやん、ほんで担任はこれでいいって?あああああ〜!どーしてこれでいいんよ〜!!もー、あかん、小学生の作文みたいやん、書き直せ!もっと高校生らしく強い意志感じる文にせんと...。

親子ともども完全に担任不信に。

月曜まで待っとったら遅すぎるし、土曜(昨日)模試で学校行くなら、もうどの先生でもいいからつかまえて、
『厳封のやつ、担任がこのまま渡したんですけどどーすればいいですか?』っつって聞け!そっちのほうがはやいわ!

それが金曜の夜のこと。

で昨日土曜日。
息子は模試のあいまにちょうど進路指導の先生をつかまえることができ、事情を話したようだ。
ハダカで渡されたことにも、名前が削れてることにも、ちょっと驚いたというかあきれ気味な様子で事情を聞いてくれたらしい。
『これから学校側で厳封しますから、削れた名前のところは君のせいではないということですから、それは特に心配しなくていいですよ』と言ってもらえ、少しほっとしたようだ。
さらに『これ、自分で勝手に送っちゃだめです。全部そろえたところで進路指導室に持って来てもらって、全部コピーもとって、確かめてから送るという手順が学校にはあるから、まずは全部持って来なさい』と言われたと。
えええ〜!そんな話、担任からも説明なかったんやろ?
あのままやったら書類そろった時点でうちからすぐ郵送する予定やったやん。ちょっと...
ほんまに頼りにならんやん、担任〜...

そして今朝日曜、朝食の時。

『実は』と息子。『うちのクラス、推薦で受ける子多いみたいなんだけど、こないだ、先生に頼んどいた書類が一部足りなかったとかで、女の子ひとり教室で泣いてて...それ見て、「これはもうやっぱ自分できっちり確認しないとやばいな(担任に頼るとアブナイことになる)」ってみんなで言ってたとこなんだよ...』

うわぁぁぁ〜!あんたもほんまやばいとこやった...月曜はもう担任とびこえて進路指導の先生のとこ直行しな、そのほうが確実や...。

そんなこんなで気持ちへとへと。

さらに、
じゃああとは全部揃ってるね...ここに書いてある”返信用の360円分の切手”は?

『あ...まだ...。』

いいかげんにしなさいよ!!それないんじゃ、明日持っていけないじゃん!うちにないよ、360円の切手なんて。
てことは日曜でも開いてる大きい郵便局に今日買いに行かなきゃじゃん。
みんな英検、てことは...あたしが買いに行かなきゃじゃん〜!!!!
で、さっき、あたしが自転車で買いに。

...明日やよ、願書受付日...なんで前日に作文書いて、住所とかの書類仕上げてなん...なんで切手をあたしが前日に慌てて買いに行かんとなん...なんで担任の書類が前日の段階でちゃんとしたカタチで手元にないん??...(泣)。



by yukari  at 13:14
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31