トップページ »  » BGM

BGM

こないだ近所の八百屋に久しぶりにふらっと入ったら
BGMに流れてたのがユーミンの『悲しいほどお天気』で
久しぶりのゆったり音楽と正しい日本語にほっとしたというか
とても心地よかったというか
思わず全部聴きたくなってあえてゆっくり買い物してた。
なんだか気持ち休まった。


今、どのスーパー行ってもBGM騒がしくて
イオンだと「ワオンでイオンでゴーゴーゴー!」が延々繰り返されてるし
西友だと「おっまっえっ、い〜い〜お〜ん〜な〜!」だし
「10倍っ10倍っポイント10倍!」とか
もう、わかったよ、わかったから繰り返さないでくれ...な感じで
そのせいで買い物が疲れてしょうがないんじゃないかとすら思えてくる。
静かなJAZZでも流してくれればいいのに。

で、週末にツタヤでユーミンのCDを借りてきた。
Yumi Matsutoya seasons colours は春夏の2枚組と秋冬の2枚組に分かれてるらしく
今回は春夏のほうを借りてみた。
いいねぇ〜。
そして目当ての『悲しいほどお天気』は
1979年の曲だった。
あたしが11歳の時の曲だった。衝撃だ。もっと後の時代の曲だと思ってた。
そしてユーミンの曲はどれも、今聴いても新しいしおしゃれだし
だいたいどれも聞き覚えがあるし、ところどころは口ずさめる。
今、そういう、だいたいどの曲も口ずさめるなんて言える歌手の曲、あるかなぁ。

歌詞カードをじっくり読みたくなるような、しっかり日本語のストーリーがある曲、
ほんと久しぶり。ちょっと感動してる。


by yukari  at 14:16
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31