トップページ »  » マンションの住人

マンションの住人

先日、夕張メロンをいただいてしまった。

あたしは、マンションの通路のカギ穴にささりっぱなしだった誰かのカギを
管理人さんに届けただけだ。

70代後半と思われる女性が部屋まで訪ねてきて
「ほんとにどうもありがとうございました」と
「これ、ちょうど食べごろですから」と。
昨夜食べたが、たしかによく熟れてておいしかった。
かえって申し訳ない。気をつかわせてしまって。
部屋番号とお名前とそして「いつでも遊びにきてください」と言ってお帰りになられた。
そんなこと言われたら、ほんとに遊びに行っちゃうよ?

だけどこのマンション、住人同士のコミュニケーションがほとんどないから
どんな人が住んでるのかもよくわからない。
うちのお向かいさんとエレベーター前で会って「こんにちは」と会釈したのも
ここに住んで1年半経つのにたった1回だけ。
引っ越しで挨拶に伺っても留守だったからポストにご挨拶メッセージをいれておいたけど
それについてコメントがあるでもなくきたし、家族構成もわからない。
夫や息子は「奥さんらしき人を見た」だの「あれはたぶん娘さんかなぁ」と何度か何人かと玄関前で遭遇したらしいが
不思議なくらいエレベーターで一緒になることがない。
これだけあっさりしすぎるご近所づきあいじゃ、緊急の時に近所に助けを求めることもできないし
何かをおすそわけなんていう間柄にもなりっこない。
だから
このマンション内で、たかがカギをとどけただけで別の棟のこの部屋をたずねてきてくれたことが
嬉しかった。

by yukari  at 10:18
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31