トップページ »  » 撮っといてよかったもの 5

撮っといてよかったもの 5

ある方からのリクエストにこたえようかと思ったけれど
正面顔は恥ずかしすぎるので...

SCAN0252.JPG
けど、これはほんとに『撮っといてよかった』写真だ。
...この時あたしは、目の前の赤い盃からじっと目をそらさないように頑張ってた...


なぜなら...あたしが座っている椅子というのが折りたたみ式の座面が布ばりの、背もたれもない、
ひじょーに不安定な椅子で、
重い角隠し頭に加え、重い打ち掛け姿、帯けっこうぎゅーぎゅー...の
しんどい状態だったのに座った体勢もまた...
背中の打ち掛けを少し上にもちあげてずらしとくこともしないまま(ていうか、介添えの方がそういうことやってほしかった〜!)
座ってしまったせいで...
自分のお尻で自分の背中の打ち掛けを下にひっぱることとなり...
当然上半身が後ろに倒れ気味となり...
だけどそのままここで花嫁が後ろにひっくり返ろうものなら、式は”ハプニング大賞”的な格好悪い状況になってしまう...
それも今横では厳かに巫女さんの舞いが繰り広げられていて、張りつめた空気感...
だめだだめだ、ゼッタイひっくり返れない!ここは腹筋でぐっと耐えるしか...
均衡を保つためにも、目の前の盃からゼッタイ目を離さないようにしなければっ!!(大汗)

というわけで
舞いなんてひとつも観れてないし
式のあいだじゅう神聖な気分どころじゃなく
ようやく起立の指示が出て、横に介添えの方がにこやかに近づいてきてくれたときには
心の中で「...助かった...」しかなく、
「けどなんで向こうに離れてるのよ〜、さっきからもう少し近くにいてくれれば目で合図してどうにかしてもらいたかったのに〜!」という
やり場のない、もう今さら...の怒りすらわいてきたりして
自分にとっての結婚式は、しんどさしかなかった。だからこうして写真でようやく
当日の舞台上の様子が観れた、というわけだった...。せつない。


by yukari  at 17:17
コメント
  1. 「赤い盃から目を離さないように頑張って・・」
    まで読んだ時は、
    「何杯くらいおかわりできるの、足りないよ!」
    くらい思っているのかと思ってた(笑)
    そうですか~それは忘れられない思い出ですね。
    ますます、正面からの顔写真が見てみたくなりました。ふんばってるところ。でも綺麗だったでしょうね。いや今もでしょう❤

    by オリーブ  2012年1月20日 17:58
  2. 思い返せば後悔シーンだらけの結婚式&披露宴&二次会の、長い1日でした...若さだけでのりきったようなものです。披露宴の食事もちゃんと食べたかった〜!着物重くて身動きとれず、さらにお色直しで席外してばかりで、ウーロン茶しか飲めずに終わっちゃった。食べ物の後悔は一生ものです...。

    by ゆかり  2012年1月20日 23:15
コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31