トップページ »  » 快晴の雪祭り最終日

快晴の雪祭り最終日

この1週間、悩み苦しみもがいてたせいで、
センパイと藻岩山で会ったのが
ほんの1週間前、とは思えないほど。
先週の日曜日は雪祭り前日だった。
そして今日はもう雪祭り最終日になってる。


初音ミク像が壊れて観光客に激突したなどのいろんなハプニングもあった今年の雪像の中で
結局あたしが、これはすごい!と感動したのは、
海外からの参加で作られた数々の雪像の中の優勝作品、香港の龍の像。どこから見ても素晴らしい。
雪像の精巧さを毎年見比べて薄々気がついてはいたんだけど
なんだか年々...雪祭り自体も、中国観光客や、香港、海外の人たちに支えられてるような。


昔の雪祭りの映像をこないだテレビで観た。
大雪像のスケールの大きさはハンパなかった。ある年なんて
あの大雪像の一部が定時に前後に揺れるしくみになってるのがあった。
ある年は大雪像の一部にどーんと水をためて、アシカだかなんだかを泳がせてたのもあったり。
去年の、ライオンキングの、まるでポスターのような平面像には、あれ?...と力が抜けたが
おととしは世代問わずなじみのあるちびまる子ちゃん、
去年のサザエさん一家立像の意外にいい感じのアニメ像ときてそのあとに
今年はワンピースだもんなぁ。はっきり言って興味ある人とどーでもいい人とわかれるキャラクター。

初音ミクは札幌の会社が作ったネット上キャラクターで海外でもなんだか有名にはなったけど
なんでそこまで推す?というくらい異常に市内ミクだらけになってる最近。
話しによれば新千歳空港も今、ミクだらけなんだそうだ。
市民の感性にちょっとアキバが入ってきてる?だいじょーぶ??そんな危機感すら感じてしまう。
手塚治虫や藤子不二雄やジブリの、年代問わず、国を問わず、長年愛されてきたキャラとは明らかに異質。
やっぱり日本人の大人の感覚、少しお子様になってきてるんだろうなぁ...
ちょっとでも人気あるならそれで金儲けしとかないと、という財政難の道の苦肉の策が見え隠れしてる気もする。
長い目で見て今北海道の土地を買いまくってる中国人がそのうち強力なスポンサーになって
そのうち雪祭り自体までも中国人主催になったりして。
けど
中国人や香港人主催で大雪像完成させたら、どんだけ見応えある大雪像になるんだろう?
少なくとも、ワンピースやミクよりかは、アートな作品を見せてくれそうだよなぁという気がしないでもない。

by yukari  at 11:05
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31