トップページ »  » もーほんまにダメダメだぁ〜

もーほんまにダメダメだぁ〜

思うところあり
今朝、職場でとっさに店長をつかまえ
『ひとまずホールの仕事をやってはみましたが
先のことを考えると、やっぱり料理の仕事でいきたいと思いまして
申し訳ないですが今月いっぱいであがらせてください』と言ってしまった。
さすがに、えっ?という顔をされ
それじゃあ、ここのキッチンにまわってもらうとか考えてもいいし
少し検討しましょうよ、と言われた。
が。
実はあたしの中では、今この段階になっていまさら、みんなもうだいぶ慣れて作業をしてきてるキッチンに
新人としてひとり入っていくのも微妙というか、
それなら最初からキッチンに入りたかったという思いがどうしてもある。
そうですか、残念ですが仕方ないですね、くらいであっさりあきらめてほしかったんだけど
どうやらそういうわけにはいかなそうでなんだかちょっと困った展開になってしまった今日...。

ホールの仕事はだいぶ慣れてはきてて、さぁこれから使いものになる、といった段階のあたしだから
え、そりゃ困るよ、という向こうの言い分はわからないでもない。だから妥協して
『今月のシフトの分はちゃんとホールやらせてもらいます』と言っといた。ただ、
こないだから、調理作業から離れてることで自分の調理の勘や腕がにぶっていくんじゃないかというのがコワくなってた。
せっかく長年、手際良く厨房でやってきてたのに
ホール担当でこのままいくと、あの手際良さもだんだん忘れていきそうというか。
『調理師』の資格、せっかく持ってるのに、それを生かして仕事してるという実感がないと
たとえホールでお客さんと関わる中で和んだり楽しかったりお礼言われたりする瞬間があっても
やりがいという点でひとつ足りない。
単純に時給稼げりゃそれでいいと思えればなんの問題もない今の仕事だけど
結局あたしは自分なりに納得できる内容で満足して働きたいわけだ。
ゼイタクなんだ、ほんとに。

今日はホールにはいつもよりひとり多くスタッフがいたので
あたしは洗い場にまわった。
居酒屋でもがしがし洗ってたからはっきり言ってこういうのは慣れてる。
居酒屋の時はもっと勢いよく洗い物がたまってたから
あたしは、このていどか、という感じでちゃっちゃと洗ってたら
『ゆかりさん、早い!もう洗い物ないの??』と。
そのうち店長からは『いつもだったらすごい溜まってるのに...みんなに教えてやってくださいよ』とか
『ゆかりさんに任せとけば大丈夫だ』とか、なんだかやたらもちあげるコメントをしはじめ...。
辞める、と言ったあとなだけに、全部のコメントが、どうにか機嫌なおして思い直してくれやしないかと期待してのものにしか
聞こえず...。
帰りも『今日はほんとに助かりました』と、これまでかけられもしなかった声がかかり...。
苦笑いで帰宅した。あー...。

一方で
さっそくネット上で求人広告を見て
カフェのキッチンスタッフの募集に応募。
そしたら『既婚者は当店の趣旨には沿いませんので』という理由で断られた。
独身の若いお姉さんが欲しかったようだ。

40代半ばにとって職につくのはキビシイことはこないだから経験してたはずだったのに
なんでまた自分の首をしめるようなこと、ぽっと言っちゃったんだろな。
自分的によっぽど納得いってないんだな、キッチン担当だと思ってたのにホール担当になっちゃったことが。
どれだけ前向きに考えて、これも縁だと考えるようにしてやりはじめたこととはいえ。
念願の朝昼仕事生活になったとはいえ。

なんだか
あたしはほんまにいきあたりばったりの行動で
なにやってんだかなぁ。

by yukari  at 17:31
コメント
  1. おつかれさま!
    仕事、妥協しないほうがいいよ。
    充実感大事だよね。
    頑張って!

    by H.I  2012年3月 8日 23:15
  2. そろそろ妥協もできないといけない年齢に
    さしかかってるんだろうけどね...。

    by ゆかり  2012年3月 9日 05:33
コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31