トップページ »  » 切り替えがなかなか

切り替えがなかなか

こないだ、冬期休業中だったシャドーボックスの生徒さんからひさしぶりに電話。
「センセ、2月に転職したんでしょ?だいぶ落ち着きました?」
12月にレッスンやったぶりだから...話すのも4ヶ月ぶりか。
『実はあの転職のあと、もうひとつ転職しまして。ま、5月には休日はっきりすると思うんで、また(シャドーボックス)やりますか?』
ということで、さっそくプレゼント用の額とカードの注文が。
えっと〜...
額やらカードやら注文かけるのも久しぶりで、自分の頭の切り替わりが遅く...
『ところでご自分の作品のほう、少しははかどりました?』
「床のとこ、ちょっとわかんないんですよね〜、センセに教えてもらわないと」
『えっと...なんの絵やってたんでしたっけ??』
あかん、ほんまに4ヶ月前のこと、きっれ〜に忘れとるなぁ。

DSCF7973.JPG

自分は目の前の2つの仕事と息子の弁当作りを日々こなすことでいっぱいいっぱいで
それ以上のキャパシティはないらしい。
保育園仕事の日は完全に自分に任されるから当然真剣だし、
新しい仕事のほうは、まだ出勤9日という段階で、
たぶん覚えなきゃいけない全体の仕事のうちの30%くらいのことしか
まだ教えてもらってないようだから、それをとにかくミスしないようにというのと、
同時進行であれもこれも、という動きをするためにも
優先順位を自分の中で組み立てられるようにしなきゃで、
あれやこれやの分量の割合とか、メニューとかもどんどん覚えなきゃなんだろうし、
まだまだ必死な感じ。
そんなあたしのどこにも、気持ちの余裕、他のことに頭をまわす能力や気力なんて
ないのだった。

居酒屋仕事&シャドーボックスレッスンのみ、でまわしてた1年前までが、
いかに時間や気持ちにゆとりがあったか、だ。
去年の7月から居酒屋収入だけじゃ足りないということで
居酒屋&老人ホームバイト、そしてシャドーボックスをかけもちするようになり、
その後居酒屋&保育園バイト、シャドーボックスをかけもちするようになり、
その後居酒屋&保育園&ホールバイトのかけもちをするようになってシャドーボックスどころじゃなくなり、
そして今、保育園&和食料理店バイトかけもち。居酒屋とのかけもちがなくなってラクになるかといえば
体力面より、新しい人間関係の緊張が加わって、精神面がまだラクじゃない。
はやくそっちがラクになって、仕事を覚える事に専念したいなぁ。

保育園の仕事は重いものをどうにかしなきゃとかのしんどさがいっさいなく
アレルギーの子向けの食事のことをとにかく気をつけながら全員分作ればいい。
調味料の計算があったりするけど、慣れてしまったらなんてこともない。
というわけで、
今じゃ保育園仕事がかえって気分転換になってたりする。
気がつけばもう5ヶ月やってるから人間関係で緊張がなくなったのがたぶん大きな理由なんだろうなぁ。
今日も楽しく給食作ってきた。「わぁ〜今日はカレーだぁ!」のちびっこの声に癒されて。

ただ、本当はかけもちなんかしないで、1つの仕事で収入をあげられるのが理想。仕事だってそのほうが覚えやすい。
時給は新しい仕事のほうがだんぜんいい。新しいほう1本で専念することで保育園分の収入をまかなえるんなら、
それが一番いいんだろう。でも人件費の問題があるから、自分の思うようにシフトをいれてもらえるわけでもないだろう。
そこが悩ましい。

でもこないだ新しい職場で店長にいちおう希望は言ってみた。
『今、かけもちだから週3しか来れませんが、保育園分カバーしてもらえるなら、こっちだけにして週4とか、
就業時間伸ばすとかしたいんですが』

「夜出られる?」

あぁ〜...夜出るんだったら居酒屋辞めた意味がなくなるんでそれはちょっと...

「土日両方出られる?」

...日曜は出ます!が、土曜は無理です。

「とりあえず...5月は週3で。仕事ぶり見て6月からちょっと考えてみるから...」

というわけで仕事ぶりによって、ということになった。
ますます気が抜けなくなった。
そして「日によってはホール出てもらったり、
すすきの店(支店)のほうに行って穴子さばいてもらったりとかご飯炊いてもらったりとかの日もあると思うけど、
そんな感じになってもいい?」と。
あぁもういいです、そんなんでも。時間いただいてこの店1本で仕事がしぼれて、時給分いただけるなら。

しかし穴子かぁ。調理師学校で1度さばいたきりだなぁ。ま、練習すればどうにかなるやろ。





by yukari  at 14:39
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31