トップページ »  » 世間はセンター試験

世間はセンター試験

今日から世間はセンター試験。
うちの次男は受けないから
いつもどおり朝からなんだかゆるい空気感で家の机にむかってる。

夫だけは昔、共通一次試験の経験者だったけど
私は受けてない。あんな膨大な量と科目数の勉強なんてできるわけないよ、とはなから考えてなかった。
長男は秋に大学受かってしまったあとに、もう申し込んじゃったからという理由で
とりあえず受けには行ってたという感じだったし
なんか我が家は
センター試験についてはそれほど深刻な関わりがない感じ。
今日のニュースをみながら
「みんな、大変だねぇ」と画面にうつるみんなが次男と同じ年の子たちにも関わらず
なんとなく人ごとな目で見てる。
最近は国立の大学だけじゃなく私立もセンター試験採用のところがあってちょっと違和感。
ともかく
センター試験て大変そう。
よくやるよ、みんな。
つくづく国立大学に入る子たちの努力には頭がさがる。この努力あっての合格と学歴につながるんだから
やっぱり国立大出身者はその後の人生に多少いいことがあってもいいのかも。
けど何年か後にはセンター試験がなくなるんだっけ?

今日もバイト。
ようやくいつもどおりの土曜の仕事に戻った。
スムーズに終わって久しぶりにはやめに帰宅。
今週はなんかだるさが抜けなくて体きつかったなぁ。
明日あさっては休みと思うと体が少しほっとしてる。

昨日クリニックに行ったらいつも入り口のところにスーツ姿で立ってる院長風の方に
「あれ?しばらく見ないあいだにずいぶんやせましたね」と驚かれた。「ジムの成果ですか??」
『いえ、たぶん年末年始働きすぎました(苦笑)』(怪我してしばらくジムにもこれなかったしね)
で、待ち合いの椅子で呼ばれるのを待ってるあいだも眠気とだるさでじっと目をつぶりながらいて
鍵もらってロッカーに移動するときにまた「ずいぶんお疲れのようですが大丈夫ですか?」と声をかけられた。
こんなに大勢検診受けに来てる中、ジムの常連としてクリニックに出入りしてきた私の様子、
こういうときもちゃんと見てんだなぁ。。。と驚いてしまった。
 正直、自分のことを知ってる人は周囲にほとんどいないと思って町歩く時もけっこう気が抜けた状態でぼーっと日々過ごしてるし
この院長風の方もいつも出入りの時に『おはようございます』の挨拶をしあうていどの存在としか思ってなかったんだけど
案外、いろんなとこで自分は見られてるのかもしれない。
もう少し緊張感もって外歩かないと。 





 

by yukari  at 14:57
コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?



2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31